90%の効果を上げる!ラクトフェリンの飲み方

基本はいつ飲んでもOK

ラクトフェリンは食品の一種ですから、基本的にいつ飲んでも大丈夫です。ラクトフェリンの研究やサプリメントなどの販売を手がけるライオンも、いつ飲んでも構わないとしています。ただし、ラクトフェリンは飲まなくなってから1週間ほどで効果が薄まるため、できるだけ定期的に飲むのが良いとされているのです。

 

Q・いつ飲むのが効果的?
A・1日のなかで続けやすい時間帯を選びましょう。食品のためいつ飲むと効果が高まるというわけではありません。例えば朝起きてから直ぐ飲むようにしてみたり、食後に飲む習慣を付けるなどです。飲み忘れが一番よくないため、毎日の歯磨きのように習慣を付けることが大切です。

 

Q・分けて飲むべき?
A・ラクトフェリンはヨーグルトに含まれているものなどでは、胃で直ぐに分解され意味がなくなります。数時間ほどで効果が得られなくなるともいわれています。サプリメントで胃で溶けにくい加工がされているものは、数時間では効果がなくならないため、とくに数回に分けて飲む必要はありません。

 

結果的には続けやすい時間帯でOKとのことです。ヨーグルトの場合は1日で分けるのが適切ですが、費用もかかるため1日1回など回数を決めましょう。サプリメントは腸まで届きやすいため、毎日継続しやすい時間帯に摂取すると効果を実感しやすくなります。

食後は控えるのがおすすめ

ラクトフェリンは熱や胃酸に弱い性質があります。胃で壊れにくい加工がされている腸溶性のサプリメントなら良いのですが、普通のラクトフェリンは飲む時間帯を調節することをおすすめします。

 

Q・胃酸で壊れない飲み方は?
A・食後は胃酸が多く分泌されており、ラクトフェリンが分解されてしまう恐れがあります。できるだけ食事中や食後などは避けるようにし、胃酸の分泌が活発では無い時間帯に飲むようにしましょう。例えば朝一番、食間、寝る前などです。

 

Q・胃酸で壊れないラクトフェリンは?
A・腸溶性のラクトフェリンを飲むことが大切です。母乳に含まれるラクトフェリンは、乳児のころは消化システムが異なるため腸まで届きやすいのに対し、離乳後は胃酸が多く分泌され分解されてしまいます。そのため大人がラクトフェリンを飲む場合も同様となり、胃酸で壊れず腸まで届くタイプを服用しなければなりません。

 

ラクトフェリンは胃酸で壊れやすいため、効果を出すためには胃酸で壊れないサプリメント選びが大切になります。腸溶性のあるサプリメントでしたら、十二指腸に進みようやく溶け出し、腸まで届いて腸内環境に良い働きをもたらします。一般のラクトフェリンでは胃酸で殆どが分解されてしまうため、腸まで届けることはできません。

 

ラクトフェリンサプリ徹底比較 

関連情報

http://xn--0-oeuxaz7gpdq2lnac0h.com・・・ラクトフェリンサプリを試してみたいと思っている人にとって知りたい情報満載のサイト
http://xn--10-vg4a5a0j6cxgma5f3366br93b.com・・・ラクトフェリンサプリメントを正しく選んで悩みを解決しましょう!

数回に分けて飲むのもあり

ラクトフェリンの効果を感じやすくしたいなら、サプリメントを1日数回に分けて飲む方法も考えてみましょう。胃酸で分解されやすいラクトフェリンでは、胃で数分程度に量が低下してしまいます。胃に食物が停滞する時間を考えても、わずか数時間程度のため、1日数回に分けて飲む方法は効果を高められるといえます。

 

Q・1日3回に分けるべき?
A・胃酸で溶けにくい加工がされていないラクトフェリンなら、1日3回くらいに分けることは効果的です。例えば1日6錠飲まなければならないサプリメントなら、朝に2錠、昼に2錠、夜に2錠と分けると良いでしょう。ただし、飲み忘れてしまうなら意味がありませんから、無理せずに飲みやすい時間帯にまとめるようにしてください。

 

Q・分けるならいつ飲む?
1日3回に分けてサプリメントを飲むなら、できるだけ腸まで届きやすい飲み方がおすすめです。ラクトフェリンは胃酸で分解されやすいため、胃酸が少ない食間に飲むようにしましょう。朝食を食べて食物が分解された午前10時、昼食後は午後4時、夕食後は寝る前などの調整方法です。

 

胃で分解されにくいラクトフェリンなら、1日3回など分ける必要はないでしょう。できるだけ体内に停滞させたい方は、複数回に分けるのもありではないでしょうか。

2ヶ月以上続けるのがおすすめ

ラクトフェリンを健康対策、またはダイエット目的で飲むなら、できるだけ2ヶ月以上は継続させましょう。実際にライオンが調査した内容によると、2ヶ月間継続した場合で内臓脂肪が減少したとしています。

 

Q・最低何日は続けるべき?
A・ラクトフェリンはほかの健康食品と比べて、比較的早くに効果が得られやすいといわれています。高い抗菌性を持つため、腸に届いて腸内菌のバランスを整えるからなのでしょう。しかし、
継続しないと1週間ほどで効果はなくなり、また元に戻ってしまいます。健康や美容目的なら最低何日ということではなく、ずっと続ける意識が必要です。
 
Q・2ヶ月で止めてもいい?
A・ライオンの研究データで2ヶ月で変化が現われたと説明しましたが、2ヶ月で効果が現れたから止めて良いわけではないのです。あくまでも2ヶ月続けて効果が得られやすいというだけで、ラクトフェリンは持続性は低いため継続する必要があります。病気の予防として使う場合や、内臓脂肪を減らす効果を得たいなら、2ヶ月といわず長期間続けましょう。

 

まずは最低でも2ヶ月試してみてはいかがでしょうか?ラクトフェリンは短期間でも効果が得られることは証明済みのため、健康食品のなかでも利用しやすいといえます。

 

ラクトフェリンの効果について